Kobo no Mizu

Kobo no Mizu (伊勢原市) - 評論

Kobo no Mizu
3
關於
建議時間長度
少於 1 小時
建議編輯以改善我們顯示的內容。
改善此清單

3.0
9 則評論
非常好
0
非常好
1
一般
8
0
糟透了
0

pekesuke
東京2,788 則投稿
ななふしぎ
2019年5月
大山の母不思議簿一つでその名の弘法大師が杖でつついてもたところ、水が出てきたという伝説の場所です。水のきれいな大山らしい場所で。
發表日期:2019年10月13日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。

Mitch2001
千葉3,582 則投稿
今も流れる湧水
2018年10月 • 夫妻情侶
大山の女坂の七不思議のひとつで、坂の最初にあります。弘法大師が杖を突くと、そこから水がわき出てきたと伝えられています。今でも湧水がこんこんと流れています。
發表日期:2019年6月4日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。

manimanimani
日本東京4,933 則投稿
湧き出ている清水
2018年7月 • 好友旅行
大山阿夫利神社への登山道の女坂の七不思議のうちのひとつで、女坂へ入ってすぐのところにありました。弘法大師が杖で突いたところ、清水が湧き出たそうです。きれいな水が湧き出て、水がくめるようになっていました。
發表日期:2018年8月26日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。

tri_Adokuh
552 則投稿
七不思議の一つ目
2018年5月 • 好友旅行
神奈川県大山の女坂の七不思議の一つ目になる弘法の水。弘法の加持霊水ともいわれ、弘法大師さまが杖を岩に突いたらその跡から清水が湧き出たという場所です。水を飲むこともできるよですが道を下がらないといけないので飲むのはあきらめました。
發表日期:2018年8月13日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。

クリント東木
日本東京都3,539 則投稿
登山道から少し下りたところにある
2017年11月 • 夫妻情侶
男坂女坂の分岐を過ぎてすぐのところにあり、看板もあるので分かりやすい。「弘法の加持霊水」とも言われ、弘法大師が岩に杖を突いたらその跡から清水が湧き出たそうです。夏でも枯れる事がなく飲む事もできるようですが、登山道からは少し下りなければならないので、見学のみです。
發表日期:2018年4月11日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。

panam707
日本厚木市1,093 則投稿
大山の名水
2016年11月 • 家庭式
大山観光案内所でパワースポットマップをいただき、女坂の七不思議を巡ってみました。弘法大師空海が岩に杖を突いたら、そこから清水がこんこんと湧き出たという伝説があるらしいです。沢筋に水汲みの杓やコップが置いてありました。
發表日期:2016年11月23日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。

pekesuke
東京2,788 則投稿
登山の途中に立ち寄り
2015年10月 • 單獨旅行
大山登山の途中、女坂にある七不思議の1つで、 弘法大師が金剛杖で突いたら、そこから水が湧き出たという伝説がある場所です。水が枯れずに出ていて汲めますが、飲めるかどうかはわからないのでやめておきました。冷たい水でした。
發表日期:2016年8月28日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。

とよとよ25
日本神奈川縣3,020 則投稿
湧き水
2016年5月 • 單獨旅行
大山登山の際に立ち寄りました。大山ケーブルカーを使わずに、女坂ルートを歩いて登るとたどり着きます。登り始めてすぐの場所にあり、空のペットボトルや水筒を持っていけば、冷たい水を汲むことができます。
發表日期:2016年6月11日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。

風と水
日本川崎市431 則投稿
女坂の七不思議その1弘法の水
2016年3月 • 單獨旅行
女坂の七不思議その1の弘法の水には、「「弘法の加持霊水」ともいい、弘法大師が岩に杖を突いたら、その跡から清水がこんこんと湧き出たという。夏でも枯れることがなく、いつでも水の量が変わらないという」と説明看板に書かれていた。
柄杓が置いてあったので、水を飲んでみた。冷たくて美味しい水だった。
この後6カ所の不思議ポイントが有ります。スタンプラリー的にチェックしていくと、辛い上り坂の山道をモチベーションを維持して登りきれるようにと先人達が作ったのでしょうか。
そんなことも考えながら1回はケーブルカーを使わずに徒歩で挑戦してみると良いと思います。
發表日期:2016年4月7日
這則評論是 Tripadvisor 會員的主觀意見,而非 TripAdvisor LLC 的意見。
是否有任何資訊缺少或不正確?
建議編輯以改善我們顯示的內容。
改善此清單